夜が明ける

 289 total views

惑星、空、浮かぶように、中性。
ホワイトボードの、もう消えない足跡。

鍵を開けるパスワードは、とっくの昔に忘れてしまった。

私を操るコントローラーは、狂って、ずっと右斜め前を走る。

消える言葉の端から端まで、不幸せから幸せを。
そっちにいくなと電源を切った。

ああ、夜よ、明けないでくれ。

床に散らばる、パズルのピース。
隅に放られた人形は、人間ではない。

このまま排水溝に、水と一緒に溶けて流れて、
顔をゆがめるようなぬめりと、その悪臭に。

もう、海岸線には誰もいない。
お前がどんなに美しく沈んでも、光に溶けあっても。
どんなに望んでも、世界は一生無音のままなんだ。

君からの便りにコーヒーをぶちまけてしまい、
もう全部嫌になってしまったんだ。

銀河、綺麗に、漂うゴミが、綺麗だから。
ストレートの、直線を描けない胸糞悪さが。

許しを請う結晶が、まだ私の中に残っている。

くすり瓶、雷鳴、雪のように尖って、
ビデオカメラに映らない鳥みたいに。

ただなぞるだけでは、消滅していく。
その線に沿って。

油まみれになって、ライターの先を指でかすめる。
何もいらないのに、なぜ与えたんだ。

目を裏側に回してみても、眩しい嫌悪がそこにある。

流星、鍵盤、零れるように、拾って。

封鎖した部屋から酸素が尽きて分裂しそうな身体に、
踏みつけた影が、どろどろと絡みつく。

カレンダーの数字が、次から次へと逃げていく。

泣いたふりなら、もうやめてしまえ。
いっそもう、泣きわめいてしまえばいいだろう。

一度失敗したら、もう、最初からやるしかないだろうが。

けたたましいサイレンに共鳴するように、
私自身が死ぬ呪文を唱える。

真っ黒な虹の橋を渡った先に、虫の様にうごくテールライト達が。
あなたの世界の折り目に落ちて、堕ちていく。

安らかな眠りには、とっくの昔に飽きてしまったのだから。

だから、だから、どうか
夜よ、明けないでくれ。

眼鏡をはずしたほうが、君はきれいだよ。
そのままモザイクの、よくみえない世界を一緒に生きてくれないか。

私はもう、いないのに。

世界はまだ動き続けている。

この突き刺す痛みは、その感じる視線は、
一体誰のものだろうか。

柘榴(ざくろ)の肉を焦がすように、その火が燃やす、
消えない火種は、私の醜い心であってくれ。

皮をはがしたその中には、
嘘にまみれた、腐りかけのガラクタの山が。

さあ、一番輝く刃物を持て。
一番苦しめそうなくすりを選べ。
一番、脳が震えるような鈍器を構えろ。

バリケードを 破壊しろ。

そして、いますぐ優しい人を。
お前の大嫌いな、優しい人を。

ほら、夜が明けるよ。